盗難と不正利用に対する保険 クレジットカードについての情報サイトです。

近頃良く聞くサイトを集めました。ここがおすすめ。

    盗難と不正利用に対する保険

    紛失・盗難に気づいたら即連絡

    クレジットカードには盗難補償が設けられています。カードそのものが盗難にあった、スキミングなどでカードの情報を盗まれてしまった、そんなときにカード利用者を保護してくれるのが盗難補償になります。
    盗難の被害に気づいたらすぐにカード会社に連絡を取るようにしましょう。届出を出すことですぐに利用停止がなされ、それ以降の被害を食い止めることが可能になります。同時に警察への被害届けの提出も重要です。双方に届出を出すことで不正利用の被害にあった場合にその費用をカード会社が負担してくれることになるからです。届出のあった日からさかのぼって60日前までの不正利用を補償してくれるので、カード会社からの利用明細書類は毎月必ずチェックし、心当たりのない買い物が含まれていないか確かめるようにしましょう。万が一被害に逢ってしまった場合には、迅速に被害の報告をカード会社に通知するようにしてください。紛失してしまった場合も同様に、早急にカード会社に連絡を取り、使用停止の処理を依頼しましょう。

    全額返済されないケースも…

    補償は盗難の被害届けのあった日からさかのぼって約60日までと定められているので、連絡がそれよりも遅れてしまった場合、自己負担となってしまうケースが少なからずあります。ただし、サインを書くなど、本人確認の手段があった場合のみに補償が限られる場合もあります。また、キャッシング被害は、暗証番号など本人の管理が不十分だったとみなされ、補償の対象外となるケースが非常に多いようです。
    補償の内容はカード会社によっても変わり、ケースによっても対応のばらつきがあるようです。もしも、被害にあってしまったときには、迅速に対応し、根気強くカード会社と交渉する必要があります。
    犯罪被害にあうことは精神的にも相当なダメージになりかねませんので、犯罪被害に巻き込まれることがないよう、必要なカード以外は持ち歩かない、不必要なカードは作成しないなどの日頃からの防犯意識が重要になっていきます。防犯に努め、安全なカードライフを過ごしましょう。

    インターネット上で不正利用されたら?

    インターネット上でクレジットカード情報を不正に取得され、悪用された場合、サインなど本人確認の手段がなかったとして自己負担となるケースが一般的とされていました。現在でもスパイウェアやフィッシングなどの被害は、個人の責任と考えられ補償の対象外とするカード会社もあります。
    しかし、インターネットショッピングが一般的となるなかで、ネット犯罪に対する被害を補償してくれることを特性としたカードも発行されるようになったのです。補償額に制限があるなど、まだまだ発展段階ですが、ネットショッピングにはこのような補償のついたカードを利用することも、賢い利用方法といえるでしょう。
    いずれにせよ、被害にあわないことが一番ですので、ネットショッピングにカードでの支払いを選択する場合には、そのサイトが信用できる場所であるのか、自分自身で判断することも必要です。不安である場合は、できるだけ現金決済にするか、他の場所を利用しましょう。

    人気のサイトをもっと知るために